その赤い実を食べたなら 第一話

♪ その時、ベルは鳴った

その”運命の日”は、秋のはじめ。
続く雨が少し鬱陶しくって、学校に行く足取りが何となく重く感じられていた朝の事。

制服のスカートが濡れる事のないようにと、高校入学を機に新調して、それから1年半以上愛用しているオレンジの傘は結構大きめで、それでも、ローファーに跳ねる泥水はどうしようもなく。
歩く時は水溜りを踏まないようにと、注意深く、俯き加減になってしまうのが雨の日のあたし。

“――――――雨じゃなくても、俯き加減だけどね”

親友の麻花(まはな)ちゃんが居たならきっと、一瞬でそんな突っ込みを入れてきたかも知れない。
自分では、そうしているつもりはないけれど、気が付けばあたしは、歩く先の1mくらいを見ている事がとても多くて、

“ちゃんと顔を上げて前を見なさい。知紗は可愛いんだから”

晴れの日でも、あたしの隣を歩く麻花ちゃんはそう言って背中を叩いて活を入れてくれる。

「はい」

目の前にいなくても、脳内でリフレインされた麻花ちゃんのセリフに思わず頷いて応えてしまったあたし。
そんな自分が少しおかしくて、

「ふふ」

思わず漏らしてしまった笑いに、恥ずかしさでハッとする。
誰にも見られなかったかな。

少し俯いたまま視線だけで周りを気にして、――――――あ、見られてるとしたら、前だよね。

いつもの1m先の景色では、アスファルトに雨が溜まり、まるで鏡のように地上をユラユラと映していて、その中で、あたしの足を止めている信号の赤が水玉模様に弾けていた。

差していた傘を、スクールバックを提げている右肩に置いてほんの少しだけ後ろに傾けると、開かれた前方の視界に、紺色の傘がクルリと回る。

円(まどか)工業の制服だ。

この付近にある学校は、あたしが通う大宮女子と円工業だけだから、すれ違う人が円(そこ)の生徒だなんてそんなに特別な事じゃない。

だからそんなに気構えもせず、その紺色の傘が少しだけ角度を変えたのを、ただぼんやりと見てただけ・・・だったのに。
まるで幕が上がるように現れたその人の、周りの光を反射させるように輝く綺麗な焦げ茶の瞳と、正面から無防備に目を合わせた瞬間、

「・・・ッ」

それはもう、まるで体の内側に雷が落ちたような衝撃で、
そのせいで横断歩道の信号が青に変わっちゃったって、思考が本当におかしくなったくらい。

ザァザァザァザァ、

まるで、混乱したあたしの心を表すように、雨は激しさを増して降り続く。
それに負けないくらいに、ドクドクと体中を打つ胸の鼓動。

外と内、入り混じる轟音に呑まれないように頑張って歩き出したあたしの足に、アスファルトの窪みに溜まっていた水が容赦なく跳ねた。

その人も、こっち側に渡る為に歩いて来るから途中でですれ違うのは当然で――――――、

「・・・」

視界の端に、ただ”彼”の存在があるというだけなのに、近づくにつれて、あたしの心臓は大爆発を起こしそうな勢いで、臨界点の更新に毎秒毎に挑んでいく。

息、止まりそう――――――・・・ッ、

泣きそうなくらい、胸を痛めたその瞬間、

「かっわい~」

クスクスと、小さな笑いの後に聞こえてきた声は、間違いなくその人のもの。

恥ずかしい――――――。

体中が火照って、大声で泣きだしてしまいそうなくらいだった。

いやだ。
こんなの。

逃げるようにやっとの思いで渡り切った横断歩道。
けれどあたしは、もう一度だけ、その人を目に入れたい誘惑に負けて、振り返ってしまう。

――――――ああ、どうしてあたしは。

どうして今日に限って麻花ちゃんの言葉を思い出し、目線を上げて彼を見つけてしまったんだろう。

ただ転ばないように足元に近いところだけを見て、いつものようにゆっくりと歩き進んでいたのなら、こんなにも、幸せで、そして、こんなにも悲しい未来に、きっと出会うことは無かったのに――――――。

「ちょっとアツシ! いい度胸じゃない」

紺色の傘の中にはもう一人、アイボリーのニットスーツを着た綺麗な女の人がいた。

「ごめんごめん」

「あんたがそういう性格だってのは解ってるけど、”彼女”が一緒の時に言うセリフじゃないよね!」

「だよね~。ほんとごめんって。ほら、機嫌直して?」

そう言葉を紡いだ彼の眼差しが優しく細められて、傘を持っていない方の長い指が、目の前に立つ女の人の前髪に触れる。

「ね?」

甘えるような声を出して、その人の唇にチュッと素早いキスをして、

「ど? 機嫌なおった?」

「・・・まだなおんない」

「まじで? どうする? 会社休んでホテル行く?」

「もう有給ないし」

「ん~、じゃあ仕事終わったら、朝までご機嫌とってあげる。今日は金曜だし、どっかでお泊りしよ」

「・・・」

「それとも、そこの路地に入って、どのくらいまでシたら機嫌が直るか試してみる?」

「・・・バカ」

「怒った顔も、綺麗で好き。けど、そうしてキスをおねだりする顔の方が、もっと好き」

「アツシ――――――」

偶然なのか故意なのか、あたしから隠された紺色の傘の向こうの世界から、甘い囁きが聞こえてくる。
急に雨が弱くなって、その恋人達の会話があたしのところまで筒抜けだったのは、きっと神様からの思し召し。

“諦めなさい”

そんな、残酷で優しい思し召し。

「学校、行かなくちゃ・・・」

解っているのに、まるで電池が抜けちゃったみたいに、あたしは暫く動けなくて・・・。

 

その日、あたしは鐘の音を聞いた。

それは、生まれてきてからの17年間。
恋を知らずにのんびりと生きてきたあたしの中の、何かを目覚めさせる祝福の鐘と、その恋が、決して幸せなものではないと知らせる”警鐘”。

 

それでも、鐘は鳴った。

あたしの中で、恋は目覚めた。

 

そして、あれから2週間。

自分の中のその彩に気づかない振りをして過ごして来たあたしの目の前に、何故かその人が立っている。

「君の事、好きになっちゃったんだよね。俺と付き合ってくれる?」

「え・・・?」

「どうかな?」

この前と同じ紺色の傘を差したその人、――――――柏田篤さんが、サラサラと煙る雨の中、爽やかな笑顔で尋ねてきて、

「――――――はい・・・」

自分でも、出てきた二つ返事に驚いた。
けれど裏を返せばそれくらい、儚いものだと思っていたあたしの恋は、しっかりとした大木に育っていたという事で・・・。

嬉しそうに口角を上げた彼を見上げて、こんなに近くに居られる事が、泣きたいくらいに幸せだと実感していた。

 


2016/8/18
※イチ香(カ)の書き綴った物語の著作権はイチ香(カ)にありマス。ウェブ上に公開しておりマスが、権利は放棄しておりません。詳しくは「こちら」をお読みください。
-広告-